記事内に広告を含む場合があります

電子レンジで加熱NG!入れてはいけない食品や容器など

ライフ

電子レンジは便利な調理家電ですが、使い方を間違えると危険なことがあるのをご存知でしたか?

今回は、電子レンジで温めてはいけない食品や容器、正しい使い方のポイントについてお話ししたいと思います。

  1. 電子レンジで温めてはいけない食品
    1. 1. 丸ごと卵
    2. 2. 薄い皮や膜に包まれている食品
    3. 3. 水分量の少ない食材
    4. 4. 粘度の高い液体
    5. 5. 鷹の爪やドライフルーツなどの乾物
    6. 6. 厚みのある大きなお肉
  2. 温めてはいけないモノや容器
    1. 1. ペットボトルや缶
    2. 2. アルミホイルや金属容器
    3. 3. 紙製のもの
    4. 4. プラスチック容器の注意点
    5. 5. ひび割れや欠けのある容器
  3. 電子レンジを使用する際の気をつけるポイント
    1. 1. 密閉容器での加熱は避ける
    2. 2. 加熱時間と出力を適切に設定する
    3. 3. 加熱ムラを防ぐために、途中で混ぜる
    4. 4. 電子レンジ内の汚れは、こまめに拭き取る
    5. 5. 金属製の容器や調理器具は使用しない
    6. 6. 加熱後は、容器に直接触れない
  4. プラスチック容器の耐熱性
    1. 1. プラスチック容器の種類と耐熱温度
    2. 2. 電子レンジ対応のプラスチック容器の見分け方
    3. 3. 電子レンジ対応の表示がない場合の確認方法
    4. 4. プラスチック容器のフタの耐熱性
    5. 5. 電子レンジ対応のプラスチック容器の使用上の注意点
  5. 電子レンジで使える容器と使えない容器
    1. 1. 電子レンジで使える容器
    2. 2. 電子レンジで使えない容器
  6. 電子レンジに入れてはいけないもの【まとめ】
    1. 1. 電子レンジに入れてはいけない食品
    2. 2. 電子レンジで使える容器と使えない容器
    3. 3. プラスチック容器の耐熱性の確認方法
    4. 4. 電子レンジを使用する際の注意点
    5. 5. 電子レンジの危険性と対策

電子レンジで温めてはいけない食品

電子レンジは、食品を短時間で温めることができる便利な調理家電です。

しかし、中には電子レンジで温めると危険な食品があることをご存知でしょうか?

ここでは、電子レンジで温めてはいけない食品について詳しく説明します。

1. 丸ごと卵

生卵や半熟卵を丸ごと電子レンジで温めるのは危険です。

卵の中の水分が急激に膨張し、卵殻が耐えきれずに爆発する可能性があります。

卵を電子レンジで温める場合は、必ず殻を割り、黄身に穴を開けてから加熱しましょう。

2. 薄い皮や膜に包まれている食品

たらこ、ウインナー、ミニトマトなど、薄い皮や膜に包まれている食品も電子レンジで温めると危険です。

急激な加熱により、内部の水分が膨張して皮や膜が破れ、熱い具材が飛び散ることがあります。

これらの食品を温める場合は、皮や膜に穴を開けるなどの下準備が必要です。

3. 水分量の少ない食材

さつまいもやにんにくのように、水分量の少ない食材を電子レンジで加熱すると、内部の水分が蒸発して高温になり、火傷の原因になることがあります。

これらの食材は、オーブンや蒸し器で調理するのが安全です。

4. 粘度の高い液体

カレーやシチューなどの粘度の高い液体を電子レンジで温めると、突沸(とっぷつ)という現象が起こることがあります。

突沸とは、液体が沸点に達する前に突然激しく沸騰する現象で、熱い液体が飛び散って火傷の原因になります。

粘度の高い液体を温める場合は、途中で数回かき混ぜながら、短時間ずつ加熱するのがポイントです。

5. 鷹の爪やドライフルーツなどの乾物

鷹の爪やレーズンなどのドライフルーツ、煮干しなどの乾物は、電子レンジで加熱すると発火する危険性があります。

これらの食品に含まれる水分が少ないため、急激に加熱されると高温になり、発火することがあるのです。

乾物を電子レンジで温める必要がある場合は、必ず水に浸してから加熱しましょう。

6. 厚みのある大きなお肉

厚みのある大きな肉塊を電子レンジで温めると、表面は加熱されても内部まで火が通りにくく、生焼けになる可能性があります。

また、部位によって火の通り方にムラができ、温度差で肉汁が飛び散ることもあります。

大きなお肉は、オーブンやフライパンで調理するのが安全で美味しい方法です。

電子レンジで温めてはいけない食品を知っておくことで、危険を避けることができます。

食品の特性を理解し、適切な調理方法を選ぶことが大切ですね。

電子レンジを上手に使って、安全においしい料理を楽しんでください。

温めてはいけないモノや容器

電子レンジは、食品を温めるだけでなく、さまざまなモノや容器を温めることができます。

しかし、中には電子レンジで温めると危険なモノや容器があることを知っておく必要があります。

ここでは、電子レンジで温めてはいけないモノや容器について詳しく説明します。

1. ペットボトルや缶

ペットボトルや缶は、電子レンジで加熱すると変形したり、破裂したりする危険性があります。

ペットボトルは、熱に弱いプラスチック素材でできているため、電子レンジで加熱すると溶けたり、有害な化学物質が溶け出したりすることがあります。

缶も、電子レンジで加熱すると内部の圧力が高まり、破裂する危険性があります。

缶の中身を電子レンジで温める場合は、必ず別の容器に移し替えてから加熱しましょう。

2. アルミホイルや金属容器

アルミホイルや金属製の容器は、電子レンジで加熱すると火花が飛んだり、発火したりする危険性があります。

電子レンジは、金属を反射して加熱する性質があるため、アルミホイルや金属容器を入れると、電磁波が反射して火花が発生することがあるのです。

また、金属は電磁波を吸収しにくいため、食品が温まりにくくなります。

アルミホイルや金属容器を電子レンジで使用することは、絶対に避けましょう。

3. 紙製のもの

紙皿や紙コップ、紙ナプキンなどの紙製品は、電子レンジで加熱すると発火する可能性があります。

特に、油や水分を含んだ食品を紙製品に乗せて電子レンジで温めると、紙が発火しやすくなります。

ただし、電子レンジ対応の紙製品であれば、安全に使用することができます。

電子レンジ対応の紙製品は、耐熱性があり、発火しにくい素材でできています。

紙製品を電子レンジで使用する場合は、必ず電子レンジ対応のものを選びましょう。

4. プラスチック容器の注意点

プラスチック容器は、電子レンジで使用できるものとできないものがあります。

電子レンジ対応のプラスチック容器は、耐熱性があり、安全に使用することができます。

しかし、電子レンジ非対応のプラスチック容器は、加熱により変形したり、有害な化学物質が溶け出したりする危険性があります。

また、プラスチック容器の中には、電子レンジで使用できるものでも、フタが電子レンジ非対応のものがあります。

フタを外して加熱するか、電子レンジ対応のフタを使用するようにしましょう。

5. ひび割れや欠けのある容器

ひび割れや欠けのある容器は、電子レンジで使用すると破損する危険性があります。

ひび割れや欠けがある部分から、電磁波が漏れ出して火花が発生することがあるのです。

また、ひび割れや欠けがある容器は、加熱により破損しやすくなります。

破損した容器の破片が食品に混入すると、怪我をする危険性もあります。

ひび割れや欠けのある容器は、電子レンジで使用せず、廃棄するようにしましょう。

電子レンジで温めてはいけないモノや容器を知っておくことで、事故や怪我を防ぐことができます。

電子レンジを使用する際は、適切な容器を選び、注意点を守ることが大切です。

安全に電子レンジを使って、便利な調理を楽しんでくださいね。

電子レンジを使用する際の気をつけるポイント

電子レンジは、食品を温めるだけでなく、解凍や調理にも使用できる便利な調理家電です。

しかし、電子レンジを使用する際は、いくつか気をつけるポイントがあります。

ここでは、電子レンジを安全に使用するための注意点について詳しく説明します。

1. 密閉容器での加熱は避ける

密閉容器に食品を入れて電子レンジで加熱すると、内部の圧力が高まって爆発する危険性があります。

特に、ガラス瓶やプラスチック容器など、密閉性の高い容器は要注意です。

食品を電子レンジで温める際は、必ず容器のフタを外すか、隙間を開けるようにしましょう。

また、ラップを使用する場合は、隅に穴を開けるなどして、蒸気が抜けるようにすることが大切です。

2. 加熱時間と出力を適切に設定する

電子レンジで食品を温める際は、加熱時間と出力を適切に設定することが重要です。

加熱時間が長すぎたり、出力が高すぎたりすると、食品が焦げたり、煮崩れたりすることがあります。

食品のパッケージに記載されている加熱時間と出力を参考にするのが良いでしょう。

ただし、電子レンジの機種によって加熱時間や出力が異なることがあるので、様子を見ながら調整することが大切です。

3. 加熱ムラを防ぐために、途中で混ぜる

電子レンジで食品を温めると、加熱ムラができることがあります。

特に、カレーやシチューなどの粘度の高い料理は、表面だけが加熱されて内部が温まりにくいことがあります。

加熱ムラを防ぐためには、途中で食品を混ぜることが効果的です。

加熱の中盤で一度取り出して混ぜ、再度電子レンジで温めることで、均一に加熱することができます。

4. 電子レンジ内の汚れは、こまめに拭き取る

電子レンジ内に食品がこぼれたり、油が飛び散ったりすると、汚れが蓄積して発火する危険性があります。

また、汚れが残ったまま電子レンジを使用すると、異臭がしたり、食品に悪影響を与えたりすることがあります。

電子レンジ内の汚れは、こまめに拭き取るようにしましょう。

特に、油汚れは拭き取りにくいので、熱い内に拭き取ることが大切です。

電子レンジ専用のクリーナーを使用すると、簡単に汚れを落とすことができます。

5. 金属製の容器や調理器具は使用しない

金属製の容器や調理器具は、電子レンジで使用してはいけません。

電子レンジの電磁波が金属に反射して、火花が発生することがあるのです。

また、金属は電磁波を吸収しにくいため、食品が温まりにくくなります。

電子レンジで使用する容器や調理器具は、必ず電子レンジ対応のものを選びましょう。

耐熱ガラスや陶器、プラスチックなどの容器が適しています。

6. 加熱後は、容器に直接触れない

電子レンジで食品を温めると、容器が熱くなることがあります。

特に、油分の多い食品を温めた場合は、容器が高温になることがあるので注意が必要です。

加熱後は、容器に直接触れずに、ミトンやふきんを使って取り出すようにしましょう。

また、加熱後の食品は、蒸気が立ち上ることがあるので、顔を近づけすぎないように気をつけましょう。

電子レンジを使用する際は、これらの注意点を守ることが大切です。

正しい使い方を心がけることで、安全においしい料理を楽しむことができます。

電子レンジを上手に使って、便利な調理ライフを送ってくださいね。

プラスチック容器の耐熱性

電子レンジで食品を温める際、プラスチック容器を使用することがあります。

しかし、すべてのプラスチック容器が電子レンジに適しているわけではありません。

ここでは、プラスチック容器の耐熱性について詳しく説明します。

1. プラスチック容器の種類と耐熱温度

プラスチック容器は、さまざまな種類のプラスチック素材で作られています。

それぞれのプラスチック素材には、固有の耐熱温度があります。

以下は、代表的なプラスチック素材と耐熱温度の一覧です。

  • ポリプロピレン(PP):140℃
  • ポリエチレンテレフタレート(PET):70℃
  • ポリ塩化ビニル(PVC):60℃
  • ポリスチレン(PS):70℃
  • ポリエチレン(PE):80℃

耐熱温度を超えると、プラスチック容器が変形したり、有害な化学物質が溶け出したりする危険性があります。

電子レンジで使用するプラスチック容器は、耐熱温度が高いものを選ぶことが大切です。

2. 電子レンジ対応のプラスチック容器の見分け方

電子レンジ対応のプラスチック容器は、「電子レンジ対応」や「レンジOK」などの表示があります。

この表示は、容器が電子レンジで使用できる耐熱性を持っていることを示しています。

また、容器の底面に、「PP」や「PET」などのプラスチック素材の種類が記載されていることがあります。

「PP」や「PET」は、比較的耐熱性の高いプラスチック素材なので、電子レンジで使用できる可能性が高いです。

ただし、「電子レンジ対応」の表示がない容器や、プラスチック素材の種類が不明な容器は、電子レンジで使用しないようにしましょう。

3. 電子レンジ対応の表示がない場合の確認方法

電子レンジ対応の表示がないプラスチック容器を使用する場合は、以下の方法で耐熱性を確認することができます。

  1. 容器に水を入れ、電子レンジで1分間加熱する
  2. 加熱後、容器が変形していないか、水が濁っていないかを確認する
  3. 容器が熱くなっていても、変形や濁りがなければ、電子レンジで使用できる可能性が高い

ただし、この方法はあくまで目安であり、完全に安全とは言えません。

できるだけ、電子レンジ対応の表示がある容器を使用するようにしましょう。

4. プラスチック容器のフタの耐熱性

プラスチック容器のフタは、容器本体とは別の素材で作られていることがあります。

フタの素材によっては、電子レンジで使用できないものがあるので注意が必要です。

電子レンジ対応のプラスチック容器でも、フタが電子レンジ非対応の場合があります。

フタを外して加熱するか、電子レンジ対応のフタに交換するようにしましょう。

5. 電子レンジ対応のプラスチック容器の使用上の注意点

電子レンジ対応のプラスチック容器を使用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 油分の多い食品を長時間加熱すると、プラスチック容器が変形することがある
  • 酸味の強い食品や、塩分の多い食品を入れると、プラスチック容器が劣化しやすくなる
  • 繰り返し使用すると、傷がつきやすくなるので、定期的に買い替える

また、プラスチック容器は、熱い食品を入れると変形しやすくなります。

熱い食品を入れる場合は、容器が冷めてから入れるようにしましょう。

プラスチック容器の耐熱性を理解し、適切な容器を選ぶことが大切です。

電子レンジ対応の表示を確認し、使用上の注意点を守ることで、安全に電子レンジを使用することができます。

上手にプラスチック容器を活用して、便利な調理ライフを送ってくださいね。

電子レンジで使える容器と使えない容器

電子レンジで食品を温めるときに、適切な容器を選ぶことが大切です。

電子レンジに適した容器を使用することで、安全においしい料理を楽しむことができます。

ここでは、電子レンジで使える容器と使えない容器について詳しく説明します。

1. 電子レンジで使える容器

1-1. 耐熱ガラス容器

耐熱ガラス容器は、電子レンジで使用するのに最適な容器の一つです。

耐熱ガラスは、高温に耐えることができるので、電子レンジで加熱しても割れたり、変形したりすることがありません。

ただし、急激な温度変化に弱いので、冷たい容器を電子レンジに入れたり、加熱後の容器を冷水で冷やしたりすると、割れることがあります。

耐熱ガラス容器を使用する際は、温度変化に注意しましょう。

1-2. 陶器や磁器の容器

陶器や磁器の容器も、電子レンジで使用することができます。

ただし、容器に金色や銀色の装飾が施されている場合は、電子レンジで使用できないことがあります。

また、ひび割れや欠けのある陶器や磁器の容器は、電子レンジで使用すると破損する危険性があるので、使用を避けましょう。

1-3. 電子レンジ対応のプラスチック容器

電子レンジ対応のプラスチック容器は、耐熱性に優れているので、安全に電子レンジで使用することができます。

電子レンジ対応の表示があるプラスチック容器を選ぶようにしましょう。

ただし、油分の多い食品を長時間加熱すると、プラスチック容器が変形することがあるので注意が必要です。

また、酸味の強い食品や塩分の多い食品を入れると、プラスチック容器が劣化しやすくなります。

1-4. 電子レンジ対応のシリコン容器

シリコン容器は、耐熱性に優れ、柔軟性があるので、電子レンジで使用するのに適しています。

また、シリコン容器は、冷凍庫や食洗機でも使用できるので、便利です。

ただし、シリコン容器は、切れ目やひび割れができやすいので、定期的に点検することが大切です。

切れ目やひび割れがある場合は、使用を避けましょう。

2. 電子レンジで使えない容器

2-1. 金属製の容器

金属製の容器は、電子レンジで絶対に使用してはいけません。

アルミホイルやステンレス鍋など、金属製の容器を電子レンジに入れると、火花が発生して発火する危険性があります。

また、金属は電磁波を反射するので、食品が温まりにくくなります。

金属製の容器は、電子レンジではなく、ガスコンロやオーブンで調理するようにしましょう。

2-2. 漆器や木製の容器

漆器や木製の容器は、電子レンジで使用すると、割れたり、変形したりする危険性があります。

また、漆器や木製の容器は、水分を吸収しやすいので、電子レンジで加熱すると、水分が蒸発して容器が破損することがあります。

漆器や木製の容器は、電子レンジではなく、ガスコンロやオーブンで調理するか、温かい料理を盛り付けるために使用しましょう。

2-3. 電子レンジ非対応のプラスチック容器

電子レンジ非対応のプラスチック容器は、耐熱性が低いので、電子レンジで使用すると変形したり、有害な化学物質が溶け出したりする危険性があります。

特に、マーガリンやヨーグルトなどの容器は、電子レンジ非対応のことが多いので、注意が必要です。

電子レンジ非対応のプラスチック容器は、電子レンジで使用せず、別の容器に移し替えてから加熱しましょう。

2-4. ひび割れや欠けのある容器

ひび割れや欠けのある容器は、電子レンジで使用すると破損する危険性があります。

また、ひび割れや欠けがある部分から、電磁波が漏れ出して火花が発生することがあります。

ひび割れや欠けのある容器は、電子レンジで使用せず、廃棄するようにしましょう。

電子レンジで使える容器と使えない容器を理解することで、安全においしい料理を楽しむことができます。

電子レンジに適した容器を選び、使用上の注意点を守ることが大切です。

上手に容器を使い分けて、便利な電子レンジ調理を楽しんでくださいね。

電子レンジに入れてはいけないもの【まとめ】

電子レンジは、現代の家庭に欠かせない便利な調理家電です。

しかし、電子レンジを安全に使用するためには、いくつかの注意点を理解しておく必要があります。

ここでは、これまでの章で説明してきた内容を総括し、電子レンジを使用する際の重要なポイントについて詳しくまとめます。

1. 電子レンジに入れてはいけない食品

電子レンジで温めると危険な食品があることを理解しておきましょう。

卵やトマトなどの丸ごとの食品、密閉された容器に入った食品、水分の少ない食品、金属の部分がある食品などは、電子レンジで加熱すると破裂や発火の原因になります。

また、ペットボトルや缶、アルミホイルや金属容器、紙製品なども電子レンジに入れてはいけません。

これらの材質は、電子レンジの電磁波に反応して高温になったり、有害物質が溶け出したりする危険性があります。

2. 電子レンジで使える容器と使えない容器

電子レンジで使える容器は、耐熱ガラス、陶器、磁器、電子レンジ対応のプラスチックやシリコンなどです。

これらの容器は、高温に耐えることができ、安全に食品を温めることができます。

一方、電子レンジで使えない容器は、金属製のもの、漆器や木製のもの、電子レンジ非対応のプラスチック、ひび割れや欠けのあるものなどです。

これらの容器は、電子レンジで加熱すると変形したり、破損したり、有害物質が溶け出したりする危険性があります。

3. プラスチック容器の耐熱性の確認方法

プラスチック容器を電子レンジで使用する場合は、耐熱性を確認することが大切です。

容器の底面に「電子レンジ対応」や「レンジOK」などの表示があれば、安心して使用できます。

また、容器の素材を確認することも重要です。「PP」や「PET」などの記号が表示されている場合は、比較的耐熱性が高いプラスチック素材であることを示しています。

表示がない場合は、容器に水を入れて電子レンジで1分間加熱し、変形や濁りがないかを確認する方法もあります。

ただし、この方法は完全に安全とは言えないので、できるだけ電子レンジ対応の表示がある容器を使用するようにしましょう。

4. 電子レンジを使用する際の注意点

電子レンジを使用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 密閉容器は使用せず、必ずフタを外すか隙間を開ける
  • 加熱時間と出力を適切に設定し、様子を見ながら調整する
  • 途中で食品を混ぜて、加熱ムラを防ぐ
  • 電子レンジ内の汚れは、こまめに拭き取る
  • 加熱後の容器は、ミトンやふきんを使って取り出す

これらの注意点を守ることで、安全においしい料理を楽しむことができます。

5. 電子レンジの危険性と対策

電子レンジは便利な調理家電ですが、使い方を誤ると危険な事故につながることがあります。

電子レンジに金属製の容器を入れると、火花が発生して発火する恐れがあります。

また、卵やトマトなどの丸ごとの食品を加熱すると、破裂して火傷の原因になります。

電子レンジの危険性を理解し、正しい使い方を心がけることが大切です。

電子レンジに入れてはいけないものは避け、適切な容器を使用するようにしましょう。

また、加熱時間と出力を適切に設定し、様子を見ながら調整することも重要です。

電子レンジは、私たちの生活に欠かせない便利な調理家電です。

しかし、正しい使い方を知らないと、危険な事故につながることがあります。

電子レンジに入れてはいけないものを理解し、適切な容器を使用することが大切です。

また、電子レンジを使用する際の注意点を守ることで、安全においしい料理を楽しむことができます。

電子レンジの特性を理解し、正しい使い方を心がけることで、毎日の料理がもっと楽しくなります。

便利な電子レンジを上手に活用して、豊かな食生活を送ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました